フツーのOLがエンジニアをめざすわけ

はじめまして。
フリーランスエンジニアを目指している、まゆ(29)です。

まず、「フツーのOL」の私がなぜフリーランスエンジニアを目指しているのかをお話させてください。

事務職の理想と現実

現在、不動産系の営業事務をしています。

事務職を選択した理由は、ただ単純に営業(総合職)は体力的にきつそうだなということ。一応大手企業に入社できたので、「福利厚生はきちんとしているし、ちょびっと働いて結婚して育休・産休をバッチリ取ってのんびり仕事復帰するか♪」と考えていました。

結婚ありき、旦那さんの収入メインで生きて行くこと前提の就職でした。

与えられた営業事務という仕事は、とにかく営業をサポートすること。プレゼン作成、契約書作成、イベント準備、電話対応、接客、お茶出し、コピー、掃除、洗濯・・・

ブラック会社真っ盛りの当時は、朝9時~夜23時まで会社にいました。事務なのに。ひどい時はお昼を食べる時間もなく、事務所内を走り回ってました。

営業が困っていると、パソコンから顔を上げて私を呼ぶのですが、最終的に背中で気配を察知して呼ばれる前に駆けるスキルを身につけました。エスパーまゆです。

今思うとなんでそこまでやる必要があったのか分からないですが、

当時は必死で、たとえ朝吐いても高熱があっても会社に通い続けてました。

当初の「ちょびっと働いて」という目論見からはどんどん遠ざかっていきました。

 

お母さんと呼ばれて

そんな忙しい毎日も電通の事件をきっかけに終わりを迎えました。

残業せず、早く帰りなさい!という方針に変わりました。

毎日暇で楽だなぁ、でも忙しく働いていた時に比べてモチベーションが下がったなと思っていた矢先。

新入社員が何かを探してウロウロ。

それを見ていた営業がすかさず「何か探してる?そういうことは全部まゆさんに聞いて!この人、お母さんだから!!」

私の中で何かが崩れました。

私の職業、お母さんだったんだ。

その時「あ、この会社やめよ」と思いました。

確かに、お母さんは唯一無二の素晴らしい存在です。営業も褒め言葉で使ってくれたのだと思います。「優しい」とか「ホスピタリティがある」とか、色んな人に言われます。

でも、全然嬉しくなかった。

だって、そこにお金は発生しないんです。

低い給料で昇進もしないのに、一生懸命働いて、いいように使われていただけだと痛感しました。

人と違うことをして、付加価値をつけてもこの会社は正当に評価してくれない。私はここで何をしたいのだろう、何になりたいのだろう。

誰かのための「都合のいいお母さん」でいるのはもうやめよう、と決意しました。

 

とにかくお金を稼ぎたい

会社を辞めよう、と考えた時にまず不安だったのがお金です。

特技はないし、いい年だし、今よりも給料と条件の良い会社に入れるだろうか。

お金を稼げる方法はあるだろうか。

そんな時出会ったのが、やまもとりゅうけんさんのオンラインサロンです。

サロンの目標は「人生逃げ切る」こと。「発言力」と「手に職」をつけて現在と未来を豊かにしていこうという内容です。

そのページの中で私が一番気になった言葉はこちら。

全くのIT未経験者であっても、時代に求められているプログラミング言語を最適な学習環境で効率的に磨き、1年もあれば、フリーランスエンジニアとして月収50万円程度は簡単に目指せます。

フリーランスエンジニア?なんのことだろう。

とにかく、稼ぎ方を学びたくてすぐにサロンに参加しました。

 

目指すならフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアとは、なんなのか。

サロンで学んだのは、プログラミングスキルを身につけて、2〜3年IT業界で働いて独立すれば、フリーランスエンジニアになれるということ。

まず私には何のお金になりそうな特技がありません。だったら今からでもプログラミングの勉強をして手に職つけよう、と考えました。

手に職つけたら、自分の好きな場所とタイミングで仕事ができ、もっと人生楽しくなるような気がしたから。

 

私の10年後の理想的なライフスタイルはこうです。

朝 :子供達(できれば2人)を学校に送り出す

日中:誰もいなくなった自宅の自分の書斎でプログラミングの仕事開始。

夕方:夜ご飯の準備。家族でご飯。

夜 :子供を寝かしつけ、複数の収入源を得るために、FX・ブログなど。

 

たまに、1ヶ月くらい休みを取って海外旅行したいな。

この生活で70万/月を目指したい。

今はただの夢物語でしかありませんが、現在の仕事を続けていては絶対に手に入らない生活です。

上記の生活を手に入れる為に、まずはプログラミングの勉強をしなくてはなりません。

私が実行したことはこちら。

1. まずmacを購入

2. progate、ドットインストール

3. プログラマカレッジに登録 10月より受講予定

まだまだ駆け出しですが、サロンには優秀な先輩方がたくさんいらっしゃるので、アドバイスを全て実践し、早くプログラマになって理想の生活を手に入れたいと思います。

 

このブログで伝えたいこと

長くなってしまいましたが、私はこのブログを書くことで自分にプレッシャーを与えています。

目標が人の目に触れた方が「やらなくては」と自分を追い込めるタイプなので。

また、未経験者がエンジニアになるまでをリアルタイムで伝えられれば、同じ境遇のOLの励みになるのでは、とも考えました。

間違った発言や、行動をたくさんしてしまうと思いますが、アドバイスなどしていただけたら幸いです。

皆さんの意見を聞いてぐんぐん成長していけたら、このブログはどんどん良くなって行くと信じています。