プログラマカレッジってどんなところ?未経験からエンジニアをめざすOLが面談してきてわかったこと




こんにちは。フツーのOLまゆ(29)です。

現在、仕事終わりに週3日、プログラマカレッジへ通っています。

やはり独学でやっていた時に比べて、何をすべきか明確になったので、毎日充実してます。

まゆ

分からない時すぐに質問できる環境って、ほんとありがたい!

 

今回は、プログラマカレッジを受けようと思ったきっかけについて、面談時の様子をふまえてお伝えしていきます。

プログラマカレッジとは

プログラマカレッジとはインターノウス社が行なっている、未経験者向けの研修&就職支援講座です。

インターノウス社とは、ITエンジニアの転職やキャリアをサポートしたり、企業のIT部門を支援なんかをしている会社。

どんな研修なのか気になりますよね。まずは、ざっくりご紹介。

  • 全くの未経験からスタート可能
  • エンジニアとして必要な技術を身につけられる
  • 就職までしっかりサポート
  • 優良企業へ就職できるかも(LINEグループ、楽天、ソフトバンクグループなど)
  • 全て無料で受講できる

え、無料!? 

プログラミングスクールって20万とか40万するところもあるので、無料は超ありがたい!

と、同時になんかうさんくさい。笑

無料のワケは、面談時にしっかり聞いてきましたので、後に記述します。

 

社会人でも通えるの?

HPをみていて、すごく魅力的な研修だと感じましたが、不安な点が1つ。

この研修って、社会人でも受けられるのかな?

できれば今の仕事を続けながら研修に通いたかったので、さっそく問い合わせしてみました。

するとすぐに返事が!

まゆ

こんにちは。社会人でも通えますか?
お問い合わせありがとうございます。はい、可能です。お仕事をしている方向けに、平日夜間帯や土日・祝日にも授業を行なっておりますので、お仕事と並行して勉強していただけるかと思います。

インターノウス社

まゆ

(お!ラッキー!)研修を受けたいのですが、どうしたら良いでしょうか?
まずは、面談を行いますので、ご都合の良い日程をお知らせ下さい。土日でも結構です。

インターノウス社

 

といった感じで、トントン拍子に面談することが決まりました。

他にもIT企業の年収や福利厚生についても質問させていただきましたが、終始丁寧に対応してくれました。

きちんとした会社だな、という印象を受けました。

 

いよいよ面談!

8月の暑い日、インターノウス社の霞が関オフィスで面談していただきました。

面談を担当してくださったのは、インターノウス株式会社 代表取締役 中舘 宏輔さん。

用意されていた資料を元に、以下の説明をしてくれました。

  • インターノウス社について
  • 研修について
  • ITエンジニアとは
  • IT業界とは
  • 研修後就職できる会社の実態、実例
  • プログラミング言語について

未経験大歓迎!ということだけあって、懇切丁寧に教えてくれました。

資料も、ちょー分かりやすい!

この頃の私は、mac買いたてほやほやで、progateをちょっと触ってみた程度。

「フリーランスエンジニアになりたい!」といっておきながら、プログラマがどんな仕事をするのか全く分かっていなかったので、この説明はとてもありがたかった。

私がここはポイントだな、と思った点を、もう少し詳しくご紹介していきます。

(具体的な数字などは出しません。)

 

気になっていた年収について

メールで相談した内容が、中舘さんにもきちんと伝わっており、まずはじめに年収の話をしてくれました。

今から転職し、IT企業で働くと年収は「新卒レベル」。つまり250〜300万とのことです。

フツーのOLまゆ(29)の年収は、現在300万ちょい。

ちょっと下がるのかあと思いつつ、いつかはフリーランスエンジニアになるつもりなので、許容範囲かなと思いました。

(あ、思いっきり具体的な数字だしてしまった。)

 

プログラマとインフラエンジニアの違いについて

まず、プログラマとインフラエンジニアはこういう違いがあるんだよ、と教えていただきました。

プログラマとは
主に開発をする人のこと。

ECサイト、ソーシャルゲーム、スマホアプリ、銀行・通信・物流などの企業活動を支えるシステムなどを作る仕事。

 

メリット:つぶしがきく。人の目に触れるためやりがいがある。10年後は高年収が見込める。

デメリット:挫折しやすい。技術革新が早いため日々勉強、高齢者にとってはきつい場合も有。

インフラエンジニアとは
ITの基礎を支える人のこと。

メール、ネットの設定や、サーバー、LANケーブル、ルーター、セキュリティを構築・運用する仕事。

 

メリット:革新が頻繁ではない。景気に左右されない。需要は常にある。安定している。

デメリット:はじめは、夜勤の可能性あり。

研修を受けるにあたって、まずこの2つのどちらを目指すかを決めなければなりませんでした。

正直、どっちもやってみたかったです。

自分の年齢も含めて冷静に考えると、インフラエンジニアの方が良かったのかなとも思いました。

でも、「つぶしがきく」という点ではフリーランスになった時に役にたつかな?と考え、プログラマコースを受講することに決めました!

さらに担当の方曰く、プログラミング言語は独学で習得するのは難しいとのこと。それなら研修を受けてみようかなと考えました。

まゆ

progateやってみたら、ちょっと楽しかったし!

 

学習するプログラミング言語について

プログラマカレッジでは、JAVAとPHPを中心に勉強するとのこと。

なぜ、その二つなのか。

理由は、人気だから・仕事でよく使われている基本的な言語だから、だそうです。

TIOBEというサイトが、検索数を元にプログラミングの人気度をランキングしていますが、1位はJAVA。 

(出典元:TOIBE https://www.tiobe.com/tiobe-index/)

 

リクルートの「2016年おすすめプログラミング言語」ランキングでもJAVAは堂々の1位。

初めて習得する人にオススメの言語

(出典元:リクルート「2016年おすすめプログラミング言語」ランキング https://codezine.jp/article/detail/9499)

 

PHPは「Indeed言語別求人ランキング(全世界)」で1位。だそうです。

 

この辺の詳しい事情はまだよくわかっていませんが、(人気の言語=稼げる言語なのか?など)とりあえずJAVAはやっておけ!とよく聞きます。

プログラマカレッジでは、がっつりJAVAを教えてくれそうなのでひとまず安心。



研修のコース、スタイルについて

研修のコースは、プログラマコースとインフラコースの2種類。

研修のスタイルは以下の通りさまざま。

プログラマコース
  1. 平日5日間コース(420時間)→研修所へ通う
  2. 個別コース(40時間)→研修所or自宅でSkype
  3. 平日夜3日間コース(150時間)→研修所へ通う
インフラコース
  1. 平日5日間コース(280時間)→研修所へ通う
  2. 個別コース(30時間)→研修所or自宅でSkype
  3. 平日夜3日間コース?(・・・あるのかな。すみません分かりません。)

※Skypeでの研修は限界があり、取りやめになったそうです。(2018年1月現在)

私が面談を受けた時は、まだ「3.平日夜3日間コース」がありませんでした。

10月から新しく社会人の方向けに「平日夜間コース」始めてみようと思っています!

中舘さん

まゆ

お!ラッキー!)それ、申し込みします!

 

こんな感じで、面談をしたその日に申し込み手続きをしてきちゃいました。

 

さいごに注意点!

この魅力的な研修、残念ながら全員が受けられるわけではありません。
条件が3つあります。

条件
  • 20代限定
  • 必ず就職すること
  • 都内の研修所に通えること

私(29)。超ギリギリ滑り込みセーフ!

またこの研修は、受けるからには必ずどこかのIT企業に就職しなければなりません。

転職を考えていた私にとっては、願ったり叶ったりだったのですが、研修だけ受けて「やーめた!」というのは出来ませんのでお気をつけください。

 

ところでなぜ無料なのか?

気になったので、聞いてみました。

まゆ

なんで無料なんですか?
企業さまから協賛金を募っています。紹介することでフィーももらっています。

また、プログラミングを学びたくても「スクールに通うお金がない」という方にも気軽に学んで欲しいから無料にしてます。

数十万となると結構大きな額ですし、やってみてどうしても自分には向いていなかったなんて事もあると思うので。

中舘さん

まゆ

(え、神様なの?)

 

しかも面談を受けるだけで、クオカードまで貰えちゃう。

いいのに、そんなにしてくれなくたって。笑

 

私がプログラマカレッジに決めた理由

プログラマカレッジの魅力について色々と書いてきましたが、私が研修を受ける決め手となった項目をまとめました。

  • IT業界できちんとした実績のある会社が運用してる研修
  • IT業界の実態について分析し、役に立つプログラミング言語をきちんと選定している
  • 就職サポートが手厚い
  • カレッジ卒業生の90%が就職決定
  • 面談時に親身になってぶっちゃけトークをしてくれる。
  • なにより、無料

ぶっちゃけトークについてですが、「29歳だと、年齢的にプログラマはきついかも」と言われました。

やっぱり23〜27歳までが、就職しやすいそうです。

あと、今の会社より年収が下がるのでその点も心配してくれました。

このように、リスクもちゃんと説明してくれます。

 

とにかく相談してみて!

やっぱり直接聞いてみないとわからないことって沢山あるので、とにかく相談することをオススメします。

「社会人向けのコース」なんてHP見てもどこにも出ていなかったですし。

担当の方は、びっくりするほど親身になって話を聞いてくれます。スケジュールも合わせてくれます。(休日出勤させてしまった人。)

もちろん、面談したから研修に申し込みしなければならない、という雰囲気も全くありません。

 

まゆ

私は、エンジニアへの第一歩をここから踏み出すと決めました。

こんなにしっかり学習できて、しかも無料だなんてやってみなきゃ損だと思いませんか?

\  プログラマカレッジへの相談はこちらから  /

 無料で相談してみる