≪未経験~7ヶ月≫プログラミング勉強進捗報告1803 プログラマカレッジ受講記録⑥


こんにちはフツーのOL(29)まゆです。
3月のプログラミング勉強進捗報告始めます!

まゆ

といっても今回は、ほぼ就活のお話。

IT業界を知らない未経験者が、どうやって転職活動をしていたのか、エンジニアカレッジのサポートはどうだったかお話してきます。

月初:初めての面接

面接依頼が来るまで

2月末は、就活に入るための準備をしました。書類作成、模擬面接を経て、私の情報を150社ほどに送ってもらいました。詳しくはこちらを覗いてみてください。

こんなところに送りましたよ〜と、企業プロフィールをいただきましたので、目を通しながら面接の依頼が来るのを待っていました。

企業プロフィールには、事業内容・業務内容・勤務地・求めるスキル・給与条件・福利厚生などが記載されており、本当にいろんな会社があるなぁと、しみじみ思いました。

また、面接で「最近、IT関係のニュースで気になったものはありますか?」と聞かれることがあるそうなので、ツイッターで発信をしていました。


並行して、SPI(主にCAB)の勉強もしました。

やり方が分かればなんとなく出来るのですが、初見で解くのは割と難しいと思うので、目を通しておくのがオススメです!

このサイトをざっとみたらいいと思います。

CABだけはこちらのアプリをダウンロードして、隙間時間に勉強しました。360円でした!

ついに面接依頼がきた!

そうこうしているうちに、5社から面接依頼が来ました!

就活サポート担当の中舘さんより、面接可能日時の候補をあげてくださいと言われ、そこでちょっと不安がよぎる・・・

まゆ

定時18時なんだけど、面接は夜でも大丈夫なのかな?

この時点で、現職に就活するとは全く伝えていなかったので、こっそり就活したかったんです。休めるっちゃ休めるんですけど、頻度が多いとバレそうだったので・・・

あと、急に残業になってしまう可能性もあったため、面接を延期してもらうことになってしまうかもしれない。。。そんなことしてしまって大丈夫なのだろうか?

早速、中舘さんに質問。


相手も、こちらが働きながら就活していることは理解してくれているそうなので、やむおえない場合は大丈夫なのだそう。

極力そうならないように信頼できる先輩や後輩ちゃんに相談して、サポートしてもらいましたが、不安な気持ちが少し和らぎました。

あと、面接依頼を頂いた《5社》という数、少ないそうです!「やっぱり年齢のことがあるかもしれません・・・」と言われました。なので、若い方はもっと沢山、面接依頼が来ると思いますよ!

面接依頼を頂いた会社については、中舘さんから「過去の質問内容」「会社の印象」を送ってもらいました。これがかなり詳細でとても助かった。

いよいよ面接当日

日程も決まり、とうとう面接の日がやってきました。

仕事は定時で切り上げ、面接会場へダッシュ!

面接は7年ぶり。。。始まる前は、かなり緊張しました。が、担当の方と顔を合わせた途端、それも和らぎ、意外と落ち着いて応対することが出来ました。

1社目は、大~中小企業に向けて、基幹システムやスクラッチシステムの開発・導入を行っている会社でした。若い人が多くて、HPも活気がある感じ。

まず、どんな会社かを一通り説明してくださり、その後質問に答えていくというスタイルでした。

聞かれた内容は、以下の通り。

  • 自己PRをしてください
  • 現職で行っていた業務について
  • どうしてこの業界に転職しようと思ったか
  • 長所と短所を教えて下さい
  • つまづいた時の対処法について教えて下さい
  • Javaを実際にさわってみてどうでしたか?
  • 客先常駐ですが大丈夫ですか?

自己PRをはじめ、質疑応答対策シートをプログラマカレッジからもらっていたので、上手く答えられました。

その後、筆記試験がありました。ちょっとその会社が特殊すぎて、プログラミングと全く関係ない問題が出てびっくりしました。笑

(昨日の日経平均株価の終値を答えなさい、モンゴルの首都は?、夏の大三角形の星座を答えなさい、社長の名前と企業理念を5つ答えてください等・・・)

全く出来ず「落ちたな〜」って思いましたが、他の面接も決まっていたので

まゆ

落ち込んでいる暇はない!

という感じでした。

※その後、最終面接の依頼が来たので、テストの出来は気にしなくて良かったようです。

月中:面接ラッシュ!

最終的に9つ面接依頼をいただき、月中は、とにかく面接ラッシュ。月〜金、終業後に面接に行き、1日に2つ行く日もありました。

すごく濃厚な1週間の中で、私が学んだ面接対策のコツをお伝えしたいと思います。

  • ノートを作り(1企業1ページ)以下の内容を記録しておく
  • 興味のある会社については、がっつり。そこまでじゃない所は軽く調べる
  • 過去の質問に対する答えを全て書き出しておく
  • 「どうして転職しようと思ったか」は絶対に聞かれるので、答えを用意しておく
  • 面接が終わったら《会社・担当者の印象》《どんなことを聞かれたか》《どんな質問が答え辛かったか》を書いておく

とにかく、ノートを作るのは超オススメです。

面接直前って、緊張もあって何みたらいいか分からない瞬間があるんです。前もってしっかり準備していれば、面接前はここだけ見ればOK!と精神的にも楽になります。

 

この画像は、私が作ったノートの一部分です。

(モザイク多くてすみません・・・)

左側が志望度の高い会社で、右が低い会社。事前に調べる量が全然違うのが分かると思います。

5日間に6社の面接を受けたので、全てを調べ尽くすという事はしませんでした。でも、面接すら行かずに「行きたくない」と決めつけるのもおかしいと思って、いろんな会社を受けてみました。そのため、メリハリは大切にしてました。

 

また、面接時に受けた会社や人の印象も記録しておくのもオススメ。後で振り返った時、意外と忘れているものです。どの会社に行きたいかを悩む時に参考になります。


月末:ついに転職先決定!

こんな感じで計7社面接に行き、無事1社内定をいただきました!

内定を頂いたタイミングは、4社目を受けているあたりでした。運良く志望度の高い会社だったため、他に選考が進みそうな所がいくつかあったのですが、全て辞退しました。

7社の内訳はこんな感じ。


SESとWeb系の違いについて知りたい方は、こちらのブログがオススメです。

参考

SEからWEB系に転職して5年経ったのでWEBとSIerを比較してみたIT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方

私は『自社開発でweb系の会社に入りたいなぁ』と思っていました。内定を頂いたのが、運良くそういう会社でした。

でも、実はもう1社とても気になっている会社があり、そちらの結果が出るまで回答を待ってもらいました。その交渉をしてくださったのも、プログラマカレッジの中舘さん。おまけに、年収アップの交渉もして頂きました。

結局、気になっていた所はダメになってしまい、最初に内定いただいた所に転職することに決めました!

3月総括!就職活動あっという間に終わってしまった

振り返ると、あっという間に就活終わってしまったなという印象です。

会社通いながら面接行くの辛いな〜と思ったこともありましたが、あまり不安はありませんでした。それもこれも、事前にバッチリ対策してくださったプログラマカレッジのサポートがあったからだと思います。

夜は面接だったので研修所には全く顔を出せませんでしたが、chatworkというサービスで担当の中舘さんには《いつでも相談できる状態》でした。

面接のスケジュール調整、内定回答期限の延長、年収の交渉などをしていただいたお陰で、面接対策にがっつり時間を割くことが出来ました。

 

就活については、不安に思っている方も多いと思うので、また別の記事にまとめたいと思います。

 

また、ツイッターで日々応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

自分が挫折しないように始めたブログ・ツイッターでしたが、みなさんに応援してもらってこんなに励みになるとは!完全に想定外でした!!

まゆ

みなさまが思っている以上にパワーをいただいてます!

お陰様で、無事エンジニアになれそうです!

「自分も未経験からエンジニアを目指しています!」

「ブログに後押しされて、エンジニアカレッジに通うことにしました!」

と、言っていただける事が増え、大変光栄に思っています♪

 

とはいえ、これからが本番だと思っていますので、プログラミングも情報発信も、引き続き頑張ります!今後とも宜しくお願いします!